AF35 ライブDio エンジンのかかりが悪すぎ

我が家には、下駄にスクーターを配備してあるのだが、調子が悪いので点検と修理の備忘録。


ちょっとコンビニとか、ちょっと郵便局とか、ちょっと出かけたいけど、ショートトリップ過ぎて車を出すまでもないかなぁ?とか、エアコンが効く前には出先から家に着いちゃうなんて時の便利な下駄。

風を切って走る醍醐味や爽快感は、大型二輪でも普通二輪でも原付でも変わらない。

原付の自動車税に自賠責保険、任意保険も自動車のミニバイク特約で非常に維持費が安いのも魅力。

AF35 ライブDioは言わずと知れた名車。
面倒なメンテナンスの必要のない2stエンジン。
そんな2stエンジンも時代のあおり(主に排出ガス規制)を受けて絶滅してしまっい、力のない50ccの4stへの買い替えなど考えられない。

そんなDio君の調子が悪い
純正無加工、無改造車

エンジン始動までのクランキングが異常に長くなり、始動後もアクセルを空けるとエンストしてしまう。
上手いこと暖気ができて、セッティングを調整しても、翌日には始動困難に
一度温まれば再始動も簡単にできる。
でも、その都度、混合比が違う感じ。加速が悪かったり、最高速度が出なかったり、かぶり気味だったりする。


圧縮も火花も良好となると、燃料系しかないので考えられるのは、
・よく壊れるオートチョーク不良。
・燃料が戻ってしまう。
・オートチョークへ繋がるフロートチャンバーの配管つまり

こんなところでしょうが、3つ目は去年キャブO/Hしているので問題がないと判断して次に進みましょう。



オートチョークを外してみたところ、ニードルバルブの入ると樹脂の爪部分が折れている
画像


一応、オートチョークの点検はしてみたところ、12Vでニードルが延びていくので、問題がないように思われたが、いつもセッティング状況が変わることから、動いてはいるが、一定動作できないことによる混合比のばらつき=正常動作困難と判断し、オートチョーク取付け部にニードルとスプリングを差し込みパッキンと詰め物をして完全密封して、翌日に再び様子を見ることに。

強制的にリーン状態にはなってしまいますが、不安定要素を取り除き、安定した混合気を得ることによって、不具合要因を排除していきます。
画像




翌日、エンジンを始動します。
強制リーンなので、吸入空気不足にならないように注意しながら、エアクリーナーの穴にウエスを挿入してリッチを作り出します。

クランキングが長いのは変わりませんが、今は問題はありません。

チョークは取り除いているので、混合比が変化することはないので、完全暖気してセッティングを取り直します。

この季節、外気温度の変化が大きい北海道なので、数日に分けて同じ気温を見計らってセッティング出しします。

暖気すると、調子よく動くようになったので、やはり、オートチョークが悪さをしていたことは明白で、バラついた動きをしていたことによる混合比不良が原因だったようです。


                      ☆

混合比が安定したところで、要約、始動困難のトラブルシュートができるようになったので、始動困難のトラブルシュートへ。

まず、混合比が正常で、エアクリーナーを塞いで強制リッチにしても始動に時間がかかるということは、燃料が来ていない可能性が考えられますね。

なのでF/P後のホースをはさみでチョキンと切ってみると。
燃料が出てきません。非常にきれいに乾いています。
画像

               そりゃ、始動困難にもなるわ。



ということで、燃料のチェックバルブをホンダドリームにて注文。
オートチョークは故障率が高いので、純正品ではなく、社外品で、しかも手動のチョークバルブを購入しました。
デロルト PHVB・L型チョークを某オークションにて購入しました。
画像
  

画像の状態は、チョークOFFの状態。
冷間始動時はノブを起こせばチョークON
画像


この画像からだと、オイルポンプも点検交換時期に迫っているように見えますけど、症状が悪化しない限りは見送りますよ



完全復活した我が家の原付。
来年も下駄として頑張ってもらいますよ~




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック