キャンピングトレーラーの補修

今日も始まりました。

ベリーおとんがお送りします。


キャンピングトレーラーのボディーはアルミ製。

アルミを覆っている保護膜。

剥がして使っていいらしいのですが、なんとなくイヤ
見た目にも悪いので、剥がさずに何とかしたい。
画像


なので、部分カーラッピングのDIYです。
画像



風のある中1人で作業するのは大変

3M製じゃないから裏紙が端っこからしか剥がせないので効率が悪い。

肉眼では案外、分かりにくいんだけど、写真だとはっきり分かっちゃう
画像

飽きたらフルラッピングすればいいし、次回はフルラッピングで白にしたいかな。
グレーと白って、合わないかな?

次はバンパーの塗装をしたいと思っていたりします。
色が褪せてきたし、ステッカーのあとがバッチリ残ってるんで、気にいらない。

時間に余裕のある休みの日にでも実行したいんだけど、スケジュール多忙につき、予定を組み込むこともできなかったりします。


今日は時間があるので、去年の内にタイムセールで買ったトレーラーのバックカメラを交換してしまいましょう。

今までのカメラは、光量オーバーって感じの映りで、白っぽい画質。
信号待ち以外で後方の車の車間距離が少し開くと、後ろの車は白くツブれてしまって、後方に車がいるのかいないのか分からなくなってしまいます。
画像



なので、新しくカメラを交換します。
画像


もともとのカメラはこっち。
交換品よりモノはいいと思うんですが、交換です。
画像


ライセンスランプのところに配線を通しているので、分解します。
画像


ナンバープレートの後ろにリヤフォグランプあって、ゴロンとした配線はその中に収納されています。
画像



既に配線は結線がされているので、あとは配線を数本だけ巻き返せば作業は完了です。

ひとまずカメラを仮付してみる。
ナンバープレートに挟み込むタイプ。
画像



実際にトレーラーを連結して映像をチェックしたのですが・・・。

あれ?なんか変わった?ちょっと色が濃くなっただけのような・・・?

もしかして、モニター側の性能の問題だったりする・・・?

実走行はしていないので何とも言えませんが、課題ですね。

画像は周囲の住宅が映り込むので、割愛していますが、忘れなければ実走行した時に写真を撮って掲載してみようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 睦月

    始めまして。トレーラーの回に興味があり閲覧させていただいていました。
    キャンピングトレーラーに興味があり、購入を夢見ているのですが、キャンピングカーとキャンピングトレーラーでは違いがあるのでしょうか?キャンピングトレーラーの選び方にポイントはありますか?
    2018年05月30日 00:10

この記事へのトラックバック