除雪機のマフラー取付

さてさて、きょうは前回の除雪機シーズンインチェックの続きです。

冬になると仕舞ってしまうバイクからサイレンサーを外して、冬の間は除雪機に移植します。

マフラーガスケットが切れてしまったので、切り出し直しです
画像



パイプやフランジを溶接して、充電していたバッテリーを搭載。
画像



去年のプロトタイプとパッと見はかわりませんね。
グラスウールが増量になりました。
画像




排気漏れがない分、静かにはなりましたが、車とかバイクのように静かにはなりません。
機体のカバー自体を製作しようか本気で思案しています。
純正防音カバーも売っているのですが、アホみたいな値段がします

しかし防音カバーのようなものを付けることによって、空冷エンジンの冷却がどうなるかが心配ですし、ファンなどを設置するとなると風穴が必要になり、そうすると防音にならないしと、課題がいくつかあります。


どうしようか思案中です・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック