東京オリンピックの図柄入りナンバーの取得

春爛漫の北の大地です。


本日は、東京オリンピックの図柄入りナンバーを取得すべく、札幌主管事務所&軽自動車検査協会に行ってきました。

軽トレーラーのナンバープレートを黄色から白色に変更したかっただけだったりします。
画像



今日は軽協会側に振り回されっぱなし、たらい回しにされて疲れました


軽乗用車であれば簡単なのですが、トレーラーの場合は検査標章の再発行があるため、手間がかかります。

札幌主管事務所・軽自動車検査協会の建物は、中央に出入り口があり、右と左に建物が分かれています。


向かって左側が札幌主管事務所
向かって右側が軽自動車検査協会というように分かれております。

右側:主に書類関係の作業施設
左側:主に道路運送車両法に基づく施設


今日は、ナンバーの交付手続きと、検査標章の再交付が必要だったため、右へ左へとたらい回されていたのです。
2つを一辺に進めようとするとドツボにはまります。



3月も半ばを過ぎて、軽協会は激混みでしたね。
座れない、立っているスペースもない状況でした。
職員が業務多忙なのも手伝ってか、それぞれの職員が別のことや別の手順を指示してくるので、ホント参りました。



トレーラーのオリンピックナンバーと検査標章をたらい回されずに迷うことなく受け付け作業してもらう手順を書いておきます。


簡単に手順を記載します。

1、まずはオリンピックナンバー関連の書類作業をすべて完了させてナンバーの引き換え券をもらう(軽乗用車ならここで終わり)。

2、隣(左)の建物に移動して検査標章再発行の書類作業を完了させ検査標章の再発行を受ける。


それだけです。

これをまとめていっぺんにやろうとすると、非常に大変なことになるのです。
1行程ずつ作業すれば問題はありません。




詳細を書いていきましょう。


持ち物
・車検証の原本
・旧ナンバーより剥がした検査標章のシール


まずは、右の建物の総合案内にいきます。
・総合案内で「オリンピックナンバーにの手続きをしたいのですが」と切り込みましょう。
見本のナンバーが置いてあるので、どれにしたいか聞かれ、選んだら必要な書類(OCRシート1枚だけ)と記載箇所を教えてくれますので、記載したら車検証の原本とOCRシートを2番窓口に出して呼び出されるまで待ちましょう。


呼ばれると料金支払いと、ナンバーの引換券をもらえます(軽乗用ならここまでで完了)。


トレーラーはナンバーが1枚なので軽乗用車の半額の金額です。
画像

後日交付されるナンバーの引換券です。
画像





次は検査標章の再発行(ちょっとややこしい)です。
・まずは左の建物の1番に、
「検査標章の再発行したいのですが書類をお願いします」と切り込みましょう。
必要な書類(OCRシート1枚)と記載箇所を教えてくれます。

記載し終わったら、右の建物の2番窓口に設置してある黄色い箱に書類を入れて、呼ばれるまで待ちます。
呼ばれたら、再交付手数料300円をお支払いです。
画像


書類を受け取り、再度、左側の建物に移動し、1番窓口に書類を提出して呼ばれるのを待ちましょう。

呼ばれたら検査標章を受け取って、要約、全行程が終了です。



ちなみに、軽協会はゆるゆるなので、剥がした検査標章は回収されませんでしたが、本来は回収が義務図けられていますので、持参が必要です。

普通乗用などで陸運支局なら絶対に通りませんのでご注意を。




最後に、規約に同意しないと発行できません。
HPから閲覧できますので、興味のある方はご一読下さい。
画像













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック