山独活とタケノコを求めて

今日の天気予報は曇り場所により一時雨で夜半に雨の予報です
現在外気温は11度で風が強いので体感気温はかなり低く感じます。
ヤッケを着るので薄めの格好が寒さに拍車を掛けます

昨日の15日は無風で22度と温かっただけに寒さと風が相当に堪えます
山の中へ行けば風がないと踏んでいるので、探索中は問題ないと思います。


さて本日は独活とタケノコを採取しに行きたいと思います。
タケノコことは言っても「筍」ではありません。

正式には何て言うのでしょうか?我が家では笹竹とか若竹と言う名称で呼称しているのですが、チシマザサと言う笹の新芽のこと差しています。

各地域での呼び名が違うようで、ネマガリダケ(根曲がり竹・根曲竹)やヒメタケ(姫竹・姫タケ)、ヒメタケノコ(姫筍)等といった名称があるようです。
スーパーでも水煮でパッケージまたは瓶詰で販売されているアレですアレ。



本日の某所は本格的な山の中
毎年、毎年、毎年、訪れる場所で、それこそ何十年もかけて山の中を歩き回り探し出した穴場で、特徴としては”短時間・短距離・狭範囲でたくさん収穫できる”スポットになります。
安全を最優先した山菜取りを目指しています


山の中は樹々が生い茂っていますし風裏なのか風がありません。
ヤッケを着ていることもあって寒くもありません。


車を降りてさっそく探索が始まりました
a.jpg


熟知していますから速攻で発見です
車から大して離れていない距離であることが分かります。
b.jpg


山の中とは言っても深部へ降りて行く必要はありません。
砂利道を上がってきただけでも十分な深部ですから
c.jpg


何が採れたかな? 開始1分で独活が収穫できました
毎度おなじみの安心スポットです。
d.jpg


次は少しだけ藪の中を責めるので、カゴはいったん置いておきます。
e.jpg


笹のない斜面をすぐそこまで降りて、左手に見える笹との境界線を上がってくるだけのイージーなコース。
f.jpg


ここが境界線になります。
g.1.jpg


視線を下げればすぐに発見できます。
g.jpg


手始めという事もあり、選別することなくサクサク収穫しています。
h.jpg


この1ターンで相当数の収穫が可能なので上まで登り切ったらここは終了になります。
i.jpg


次は独活スポットへ向かいます。
j.jpg
さすが、目が慣れていますね。独活の周囲の若竹もぬかりなく収穫しています
k.jpg


収穫した独活を片手にカゴを置いた場所へ戻ります。
l.jpg


ただいま脱出中です。
砂利道からほんのすぐを降りたところであることがなんとなく分かりますでしょうか。
m.jpg


山中なのでこんなに大きなフキも自生しています。
となりのトトロのようですw
n.jpg


ここまででも十分な収穫ができたので車へと戻ります。
読み通り風がないのでベリーおかんが暑さで戦線を離脱して車で休憩です。
o.jpg


残りの二人組はまだまだ狩る気満々でもう少し収穫を楽しみます


「そこにあるよ」 「あ、ホントだ」
p.jpg


「たくさんあるよ」 「あ、ホントだ」
q.jpg


「袋が破けたので、四次元ポケットへ収納しています
r.jpg


大満足な収穫量ですが、帰る前にフキも数本お持ち帰りしましょう。
s.jpg


カゴいっぱいに獲れました
t.jpg


という訳で収穫を終えて帰宅の途に就きますが、帰ってからもやることがあるのですぐにお風呂へ入って休息という訳にはいきません


帰ってきてからすることはコレ
若竹の皮むき作業です。
u.jpg
3人で手分けしても結構な時間を要します。
マダニや何かしらの虫を持ち帰らないように玄関の風除室で皮むき作業をしています。


この皮むきの作業に終わりが見えてきた頃合いで、一人ずつ皮むき作業を離脱して順番にお風呂へ向かいます
最初に離脱するのは娘からで、次はベリーおかん

最後に残るのは、いつもベリーおとんです。
タケを向き終わったらゴミをまとめてから、タケの1本1本を水洗いしてこの作業が終わるころにお風呂があくのでスイッチングです


お風呂からあがったら、調理の開始と言う流れになっています。
今日食べる分と、保管する分との仕分け作業やカット作業も同時にこなします。


ちなみに”おすそ分け”制度は導入していません。
基本は自分たちで食べられる量しか獲らないと決めているからです。

保存するものもありますが、長期的な保存ではなく概ね1週間程度で消費される量です。
環境の保護も必要なので、乱獲はしないようにしています。
行者ニンニクは別ですが、今回収穫した若竹や独活は乱獲してもまた来年は元気に生えてきますけど、食べられる量の範囲以内で楽しく収穫することが肝要だと思っています。

行者ニンニクや独活には収穫にルールが存在しますから、ルールに準じて収穫しないとそのポイントから絶滅してしまいますのでむやみに獲るのはやめましょう。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント