キャンピングトレーラーとカーゴトレーラー。

今日は暖かくて風もなく作業にはもってこいな日和の北の大地です


本日のメニュー。
カーポートの防雪ネット外しとキャンピングトレーラーのカバーを外す作業。
カーゴトレーラーのジャッキホイールの交換作業。

初めに。
キャンピングトレーラーのカバーを外して走行可能状態への作業になりますが、まさか今の時期にキャンプに行こうだなんて微塵も考えておりません

車検の時期が来ましたのでそれに向けての作業ですので誤解なきようお願いします
車検の延長制度もありますが、自賠責のことを考えると延長したところで余計な出費になるので、期限通りに車検取得をする予定です。


カーポートの防雪ネットはキャンピングトレーラー側はスライド式ではなく固定式なのでトレーラーを出し入れするのに外す必要があります。
1.jpg
と言っても、固定金具と真ん中の支柱を外せばスライドして脇に寄せることができます。
大した作業ではないので特筆すべきはありません。


カバーを外すべく電動ドーリーで壁側ギリギリに止まっている車体を移動させてからカバーをはぎ取ります。
2.jpg


カバーを外したらキレイに折りたたんで収納しておきます。
3.jpg


念のための傷防止策に不織布の養生カバーも掛けてあるので、こちらのカバーも外します。
4.jpg


元の位置に戻して本日の作業は完了です。
整備作業は後日、休日の時にでもと思います。




カーゴトレーラーのジャッキホイールの車輪部分を交換します。
きのうの続きの工作と、きょうの工作バックミュージック取付 平成最後のブログ」で記載しているのですが、2019年の3月にノーパンクタイヤに交換しています。

しかしながら冬期保管中にノーパンクタイヤはパンクしてしまいました
5.jpg
パンクと言うよりはフラットスポットが正しいでしょうか、無荷重である程度の時間を放置すれば治ると思いますが、使い勝手も良くなかったことも相まって交換することに。


外してからまじまじと見てみると、ガッツリとクラックが入っています。
写真だと分かりにくいかも知れません。
6.jpg
空気を注入するタイプではないものの明らかなパンクに相当します。
もはやフラットスポットの次元ではなく、ただのパンクです。
信頼性が低いものは要交換ですね


これが新採用するホイールです。
耐荷重は250kgと記載されています。
7.jpg


今シーズンから張り切って頑張ってくださいね。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント